×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

毎晩当たり前のように使っている布団や寝具について、少し語ってみましょうよ。

だから布団が好きなんだ

冬は羽根布団、夏はタオルケット

こちらのタオルケットの大きな特徴は、汗ばむ季節に最適な生地・中綿を使用した【吸湿速乾】!お肌に直接触れる表生地には、肌触りが柔らかく、しかも身体の形状にフィットするニット調の生地を使用していますので、それはまさに自分の肌着を着ていのようなフィット感と、安心感をもってお使いいただけます。

そして、襟の部分とつねに直接肌にあたる裏面の生地には綿100%の天然素材を上回る吸湿性を持っている清涼快適新合繊維を使用しています。この特別な繊維は、断面の形状設計と混繊技術を上手に駆使することで、フンワリとした軽量感、そしてサラサラとしたドライ感を実現するとともに、これまた特殊技術の毛細管吸収構造により、極めて優れた吸水効果を発揮致します。これらの技術を駆使することにより、睡眠中の寝汗を素早く吸収、乾燥させるため、いつでもサラサラとしたドライ感と、心地のよい清涼感を得ることが可能になります。

そしてこのタオルケットは中綿にも抗菌防臭加工を施した綿を使用しています。しかも、ご自宅での手洗い洗濯も可能なウオッシャブルタイプなので、毎日清潔にご利用いただけます。


体温よりも低い温度を保つアウトラスト

アウトラストという不思議な素材があります。これは、周囲の環境に関わらず、生地自体が体温より約4℃低い快適温度に調整するという、なんとも不思議なハイテク素材。

どうしてこんなことが可能なのかと言うと、その秘密は、実はアノ「NASA」のために開発されたハイテク素材だからだそうです。・・・NASAってあのロケットとか宇宙とかでよく名前を聞くあのNASAです。

「どひゃーっ!なんでNASAが寝具!?」って感じもしますが、実は「宇宙空間で使用するグローブ」のために開発された素材なんです。宇宙の極寒&高温下でも暑く、そして寒くなりすぎないように、皮膚表面温度を体温よりも約4℃低い、【約33℃】に保とうとしてくれる、ビックリな快適温度調整素材なんです!

夏にその効果を最大限に発揮する「アウトラスト」には、1つぶ2〜30ミクロンのカプセルが入ってます。このカプセル内のパラフィンワックスという素材が約32〜33℃の温度範囲で固体→液体→固体と変化しつづけ、吸熱→蓄熱→放熱を繰り返すので、睡眠中ずっと皮膚表面を快適温度に保ってくれるというワケ!暑くて寝苦しい夜も、快適温度の約33℃に近づけようとしてくれるエアコン要らずのエコ寝具なんですっ!

夏は涼しく感じるのはもちろん、冬でも真価を発揮するのがこの「アウトラスト」素材。夏は熱を吸収して涼しくしますが、寒い時にはなんと熱を放熱!だからオールシーズン快適に眠れるんです。そして何より嬉しいのが洗濯が可能なところ!洗濯しても効果は変わらないので、いつでも清潔に使用いただけます☆

「アウトラスト」は数種類の寝具に転用されていますが、中でも枕パッド、タオルケット(クールケット)、敷きパッドはおすすめですよ

アウトラストを転用した最近の寝具は、見た目もシンプルでとってもスタイリッシュ。ぜひ次世代のエコ寝具、節約にもなりますので、お試し下さい☆


やっぱり羽根布団は安い

ネットで売れまくっているという羽根布団ですが、どうしてこんなにも人気があるのでしょうか?私も含め(笑)最近の世間のお財布事情で、安いものが売れるというのは当然という流れなのですが、それでも品質が良くないと売れないというのも最近の風潮ですよね。

調べてみると、どうやら羽根布団セットは毎年どんどん品質が向上しているようです。「ISO取得工場で生産」や「日本の布団の品質規格合格済み」など様々な売り文句が登場しています。そしてカラー展開も凄まじく、10色で販売しているものから20色までありました。さてはて、来年は30色くらいまで増えていくのでしょうか?そして今でも十分に安いお値段はまだ下がるのかどうか!請うご期待!(笑)